やさいに懺悔

最近、「暮らし上手の○○」というシリーズの本を図書館で借りてずっと読んでいる。 たとえば、 ・暮らし上手のワードローブ ・暮らし上手のお弁当 ・暮らし上手のパンとスープ ・暮らし上手のおうちごはん などなど。おもに料理のレシピばかり熟読しているの…

芽生え

うちの畑にも春がずんずん。 カラフルな花をつけずとも、ひとつひとつ、とても愛らしいのです。 今年もはじまるのね。みんな命を謳歌するのね。 そんなふうに生きれたらね。 あなたに聞いたなら、あの木は何の木か、教えてくれるのかな。

あの人は気が付いていたのかも 『Tiny Dancer』 by Chara『Sympathy』

「きっとバレてないはず」と思ったことは、「いや、きっとバレてる」と思いなおすようにしている。 あの同僚も、あの友達も、父親も、もう会えない遠くのあの人も。 ずる賢いはずの私のいやしい気持ちも、本当の欲望も、きっとバレてる。 そう考えれば、ずる…

部屋に世界地図をはってみると

昨日、折りたたまれている状態で売っていた一枚の(本の形ではない)世界地図を買ってきた。サイズで言うとA0かな。 パソコンや本棚のある机のすぐ右横の壁に貼る。世界地図って、なんでこう、ずっと見ていられるんだろう。 買ってよかった。ほんとによかっ…

自分だけの「語る言葉」を持ちたい

今年に入って、私が3つの仕事のうち2つをやめて、農作業や日々の生活に集中する時間を作ったり、冬になったら北海道を出て色んな土地で暮らしてみたいのは、一言で言うと、「語る言葉」を持ちたいからなんだと思う。

映画『ビリー・リンの永遠の1日』~永遠に戻れない日

「永遠の1日」って、永遠のように感じる1日って意味じゃなくって、「永遠にすべてがひっくり返ってしまって元には戻らない日」のことだと思う。 30年弱しか生きていない私にすら、そんな1日は存在する。きっと多くの人が、「その日」を思い浮かべられるので…

桜は「春の訪れ」なんかじゃない

ツイッターの中が桜の写真でにぎわっている。 テレビでも、代々木公園にお花見をしに来た人たちの姿を映したりしていて、世間はすっかり春の訪れを祝っている。それもとても華やかに、晴れ晴れしく、盛大に。 けれど…北海道の春は遅い。 今桜の開花を喜んで…

気候と生活コスト~沖縄と北海道の移動に思うこと

身軽であることや、生活コストを下げることを考えている最近の私にとって、まだ春とは言えない北海道という北国と、初夏の陽気に満ちた沖縄という南国を行き来したこの一週間はとても貴重な体験になった。たとえ初めてではない体験だとしても(北海道⇔沖縄の…

失っても同じ星にともに暮らしている―『2001年宇宙の旅』『ベイビー・ドライバー』『イントゥ・ザ・ワイルド』

いい映画を立て続けに見ている。 今日はSFの不朽の名作と言われる『2001年宇宙の旅』。 「地球に帰る」というような表現で、人類が当たり前のように宇宙やほかの星を行き来するようになったら、国家の概念はいっそう薄まり、「みな同じ地球人」という感覚が…

映画『SPLIT(スプリット)』~「解離性同一性障害」を演じるマカヴォイの凄さ

コンテンツにしないのはもったいないと今さら気づき、映画を見た後はなるべくブログを書こうと思います。 TSUTAYAで借りようかと思ったらAmazonプライムに追加されていて早速見ました(TSUTAYAで借りたい映画があったらまずプライムにないかチェック!せっか…

27歳、不安はないけど自信もない

昨日は、4ヶ月に1回開催しているイベント「パワーアップカフェ」当日であり、27歳の誕生日でもありました。このイベントでは、2018年に入ってこのブログに書いてきたことを、初めて対面で多くの方(しかも初対面の方ばかり)に話す機会となりました。 そん…

2018年2月の私の本棚

2018年2月、私の脳内はいったいどんなことになってるのか―そんなことが垣間見える、最近借りた本&買った本。どうも、世界旅行と、多様な働き方、それに世界の未来みたいなものに、興味があるようですな笑

ひとりである と知る ~映画『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』を見て

いまさらながら映画『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』を見た。 あの映画を見るときっと、親が死ぬときのことを、否が応でも考える。 自分の価値観や、軸みたいなものを築いた人間が、この世からいなくなる。たとえ兄弟がいても、どこか、ひと…

はじまりで終わりの今日

おせっかいなGoogle Photoが去年の今日何をしていたのかを鮮明によみがえらせてくれる。 でもそんなことしてくれなくたって忘れようがない思い出っていうのはある。 1週間以上前から、ラジオでは札幌雪まつりや旭川冬まつりの情報が飛び交っていた。 でもそ…

世界を見たい、人間を知りたい

こんなツイートをした。 去年まで全く思わなかったことを、今年になって思うようになった。そのひとつが、海外に行きたい、ということ。私は、広くものが見えているような顔をして、本当は狭い世界にいたから、自分がどこへ向かいたいのか決めかねて本当に悩…

貯める?手放す? "未来"への備え方

大規模災害の発生や、北朝鮮の脅威などが騒がれると、何となく色んなものを集めて保管しておいた方がいいような気がしてくる。防災グッズしかり、食糧しかり、お金しかり。あればあるだけ安心(でも3日分?1週間分?1ヶ月分?いくらあっても完璧な安心は…

映画『ムーンライト』を見て~過去とは断ち切れない地続きの「現在」

「ムーンライト」は、第89回アカデミー賞で8部門にノミネートされ、作品賞などを受賞したことでも昨年もっとも話題になった映画のひとつだ。 上映時は全く知らなかったが、アカデミー賞受賞のニュースと、ツタヤに大きく張り出された、青い光に照らされた黒…

自分に合う生活のリズムを探している

私はいつも、「自分がやりたいこと」がわからない。そこそこに好きなことはたくさんあるけれど、全身全霊をかけて熱中・集中できるほどのものが、未だ見つからない気がしている(必ずしも見つけなければいけないわけでは、もちろんない)。 ただ、ひとつ分か…

絶望の中からしか見えない光

私は今、数カ月前、いや、数日前には考えもしなかったであろう道へ進む選択をしようとしている。 ずっとずっと、死にたい、消えたいと思うほどの「抜け出せない」感覚が続いていて、それは年が明けてからいっそう濃く、打ち消しがたいものになっていた。私は…

収入を最小限にする実験

大学を休学して実家に戻り、そのあとひとり暮らしを始めて5年以上になる(今は実家だけれど)。 旭川は贅沢しなければ家賃も安いし物価も低いし、時にはフルタイムで、時には複数の仕事を掛け持ちしながら、自分ひとり生活していくだけならまあまあ余裕のあ…

アイデンティティ 映画『LION 25年目のただいま』を観て

記事タイトルにある「LION 25年目のただいま」は、5歳でインドで迷子になった少年サルーが大人になり、Google Earthを頼りに故郷と生き別れた家族を探し出す…という物語。 サルーの記憶にあるインドの小さな村での暮らしは貧しかったが、迷子になったのち幸…

10年の「空っぽ」

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。 2か月ぶりの丸1日の休みで、遅い朝ごはんというかお昼ご飯のおしることお雑煮を食べた後、短い散歩に出た。元旦に雪が降らないのは、何年ぶりかというほど久しぶりな気がした。快晴ではない…

頼ってごめんね

私は音楽を聴いたり歌うのが大好きで、パソコンで、スマホで、車で、Bluetoothスピーカーで、ほんとにたくさんの曲を聞いたり歌ったりしているのだけど、 突然、ギターをやってみようと思い立った。 なんだろう。MP3を再生してくれる機械がなくても、MP3ファ…

ストレンジャー ~映画『クローサー』

「ストレンジャー」「Stranger」という言葉で連想するものはある? 私の場合は、ビリー・ジョエルのアルバムであり楽曲「Stranger」。 それから、大好きな映画「Closer」の中でアリスがダンに出逢ったときに言うセリフ「Hello, Stranger(ハイ、見知らぬあな…

What I want to tell you

いつからか私は道を間違えて ずっと誤った方向に進んでいる自分を 未だ止められないんだけど そんな生活の中でふと湧きあがるいろんな想いを 伝えたいと思うのは、あなただけ この世界の美しさ、醜さ。 黒と白だけではないこと。 あなたとなら共有できただろ…

楽しみなことが終わったら

私って極端なのかもしれないけれど すごーく楽しみなことが数カ月先にあって それが終わってしまったら その先はどうやって生きていこう 何を楽しみに生きればいいんだろうと思ってしまう 刹那的に生きるってこういうこと? いや違うか 人生を通して大事にす…

自分のこと

私はいつでも、自分のことは一番わかっているつもりでいたけれど、自分のことについて、最近になって初めて認識したことがある。 私は一人が好きだけれど、その反面、「家族生活」というものをすごく求めていたということだ。 福島原発事故が起きて、家族に…

お金と時間は全然イコールじゃない

以前も書いたけれど、冬になって、農作業がないので3つ目の仕事を始めた(「仕事って言うけどアルバイトでしょ」って鼻で笑う人いるけど、これで生活しているのだから立派な仕事だと思う。。 ランチタイム5時間、夜は3時間、という勤務時間の食堂だ(確認し…

HIP HOPきてる

音楽の近況。HIP HOPきてます。 音楽雑誌や、洋楽CDのライナーノーツに書いてあるような難しいコメントはできないんだけれど、HIP HOPのリズム、その後ろで流れるメロディ、洋邦問わず心地よく、思わず体が動いてしまう。そしてそのメッセージは切実。私がHI…

たからもの

仕事を増やした。毎日毎日、1か所か2か所、働きに行く。 家でのんびり、自分の時間がたっぷりある生活が好きな私が、それとは真逆のことをしている。空虚な時間を、考えなければならないことを考える時間を、少しでも埋めたい。 遠くの空の下にいる友達の様…