ミニ移住で何をする?

20140830_ishigaki.jpg 

 (弟たちの住む石垣島~フサキビーチ近くの展望台)

さて前々回の投稿で、9月いっぱいで仕事をやめ10月から石垣島にミニ移住することはお伝えしたわけですが。

待遇にも仲間にも恵まれていた職場を辞めて石垣島に行き、いったいたった2ヶ月の間で何をするのか?

仕事をやめるほどの意味・意義があるのか?

実はこの2ヶ月半は大忙しだと思っています。

やりたいことが山ほどあります。

それを書き連ねてみます。

【ミニ移住で何をする?】

①2ヶ月半の移住実験

 私は気候も文化もちがう石垣島でいったいどんなふうに暮らしていくのでしょう?

 移住体験レポしますよ。

石垣島でのつながりをつくる

 北と南に友達がいたら心強いなあ。

 なによりご近所付き合いのすばらしい母がいることが心強い。

ツイッターフェイスブックで知り合った島人に会いに行く

 最近東京から移り住んだWeb屋さんのお話を聞こうと思います。

④プチ都会っ子になってしまった私がどこまで自由(あるいは不自由)に暮らせる?

 旭川は私にとって大都会です。特に今は銀座商店街近くにすんでいるので、

 買物公園も近く、その便利な暮らしにすっかり慣れています。

 物は最小限しか持っていきません。

 物は少なくても、情報を得られる環境にあればだいじょぶと思っています。

 ちなみに石垣島の図書館の蔵書は少ないけど、WifiあるのでAmazonKindleが代わりになる!

 映画館はないけどTSUTAYAはあるよ。

⑤義務教育からはずれてしまった?弟と語り合う

 なんとでもなるから後ろ向きになることなんてないさーとわかってもらう

⑥PCでどこまで仕事ができるか実験

 クラウドソーシング、ブログ、アフィリエイト・・・

 石垣島に行くまでに勉強が追いつかなそうだ

⑦母から、パンの焼き方や島での暮らしや、たくましい生き方を受け継ぐ

 母はいつもおやつにカリカリふわふわの揚げパンを出してくれたり、

 フライパンでちょちょいのちょいっとパンを焼いてくれたり、ときには実験でウイロウもつくってました。

 母は北海道にいる時から、お金もエネルギーもかけずに楽しく生活することが得意でした。

 今さらながらにそんなことをイチから教えてもらいたいと思います。

⑧弟にPCを教える

⑨毎週愛する人に手紙を書く

2ヶ月でどれほどのものを積み重ねることができるのか、

あるいはできなかったという悔しい報告になるのか。

とにかく、

10月14日からミニ移住レポします。

関連記事

 「若者はなぜ3年で」的な