映画「ペンギン夫婦の作りかた」の辺銀食堂に行ってきました!

石垣島が舞台の「ペンギン夫婦の作りかた」って見たことありますか?

食べるラー油の原点である「辺銀食堂の石垣島ラー油ができるまでの、国際結婚した夫婦の物語です。

映画では知っていたものの、ほんとに中国人のだんなさんが帰化して新しく決めた苗字・「辺銀」さんがいるのだとプチ感動!

で、その辺銀食堂でお昼ご飯を食べてきました!

映画や「食堂」の名前から、島料理が味わえる素朴な食堂かと思いきや・・・

20141120_pengin1.jpg

20141120_pengin3.jpg

20141120_pengin2.jpg

えっ!

めっちゃオシャレじゃないですか!

立派なカウンターがあって、カフェバーみたいなかんじ

しかも混んでいたので、カウンターに通されたのでした(笑

(カウンターには泡盛などのお酒がズラリ!)

やっぱり石垣ラー油を使ったメニューを頼まなきゃと思い、食べたのは「ジャージャンすば」

「すば」は方言で「そば」のこと。

このそばは自家製で、八重山そばというより、手打ちうどんみたいなもちもち感。

ラー油のきいたひき肉のタレとよく絡み濃厚なお味。

20141120_pengin5.jpg

弟が食べたのは「スーチキすば」

スーチキは豚の塩漬けですね。

一口もらいましたが、やさしい塩味のスープに、こちらも自家製のクセのないシンプル麺がぴったりでした。

20141120_pengin4.jpg

どちらのメニューにもかわいらしいデザートがセットでした。

マンゴーソースがかかった自家製のヨーグルト。

ナッツがあわさると健康的なシリアルみたいですね^ ^

20141120_pengin7.jpg

各テーブルには、ラー油と、中国黒酢と、にんにく油なるものが常備。

私はジャージャンすばにこのにんにく油をからめて食べましたが、とても香ばしくておいしかったですよ~

20141120_pengin6.jpg

辺銀食堂はちょっとイメージとはちがいましたが、そうとう人気があるんだなと実感しましたよ^ ^;

他にも辺銀食堂の近くにカフェと雑貨の「石垣ペンギン」那覇「こぺんぎん食堂」があります。

次回は「石垣ペンギン」でお茶してみたいと思います^ ^