読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂爪圭吾さんのマネして『恵まれていること』と『恵まれていないこと』を書き出してみた

今年の4月に旭川にお招きした、金なし家なし仕事なしの坂爪圭吾さん。

彼が、『【いばや会議】「センスのある暇人」が時代を作る。ー 宇宙全体から見れば自分の悩みなどゴミ。』という記事の中で、坂爪さんが「恵まれていること」と「恵まれていないこと」を紙に書き出して客観的に眺めてみるというのをやっていたので、私もやってみました。

客観的になってみるのは書いてからで、書いている間はもちろん主観。誰かや何かと比較して「恵まれているか否か」判断したのではなく、判断基準は圧倒的に自分の感覚です。

【恵まれていること】

・家があること(家賃を払えていること)

・食うに困っていないこと(ギリギリのような気がするけどギリギリの人はもっといるよね。小麦粉だけとかモヤシだけとかの生活をしたことはない)

・多くはないけど友達や理解者がいること

・近くに家族がいること

・遠くても会いに行きたい家族がいること

・「知りたい」「勉強したい」と思うことがあること

・車があっていつでもどこでもいけること

・仕事(牛乳配達とCoCoDe)があること

・仕事が程ほどうまくいっていること

・音楽が聴けること

・両親のもとに生まれたこと

・出会いに恵まれていること

・リスペクトする人がたくさんいること

・英語を教えてくれる人がいること

・南の島にもうひつとの故郷があること

【恵まれていないこと】

・1ヶ月の収支はマイナス(貯金で何とかなってる泣)

・母親と弟になかなか会えない

・・・・・・あれ。

「恵まれていること」と「恵まれていないこと」の項目の数が、すっごくアンバランス。

思うに、どちらも主観で書いているのだけど、「恵まれていないこと」のほうは、実は無意識のうちに何かと比較したり、取捨選択してるんだと思います。

たとえば「ダイエットがうまくいなかい」とか「虫歯が多い」とか小さなことはあげればきりがないんだけど、思い浮かんでもすぐに消えてしまうほどどうでもいいこと。わざわざ打ち込むほどのことでもないということ。

そんなこんなで「恵まれていないこと」は2つでしたが、1つめはまだまだ節約できる部分はあるし、2つめは、いつでも会いにいけるようにを目標に努力しているところ。自分の力ではどうにもならないということではないですよね。

これじゃあまるで私が1つも悩みないみたい。恵まれている自慢みたいじゃん!汗

でも坂爪さんも結局、「4000円しかない」ことしか浮かばなかったそうな。

『宇宙全体から見れば自分の悩みなどゴミ。』と坂爪さんが語っている通り、自分の抱えている問題の小ささを意識すると少し楽になり、余裕ができて、今まで考えられなかったことを考える余裕ができたり、見えなかったものが見えるようになったりするのかもしれません。

悩みも反省も尽きないけど(信憑性ないかもしれないけどホントです)、恵まれていることの圧倒的多さに、「なあんだ」と思えます。

あなたも「恵まれていること」と「恵まれていないこと」を書き出してみてはいかがでしょう?

恵まれていないことの方が多くても、それは主観で選択した結果。

世界があなたの見えている世界だけではないと知れば、「恵まれていないこと」リストは少しずつ減っていくかもしれません・・・^ ^

脈絡のない文章ですみませんでしたm(_ _)m