畑の妄想が止まらない

当麻の父の畑も店じまい。なかなかいろいろな仕事が重なって行けなかったけれども、いつもより冬が早いものだから片付けも大変みたいだった。

 
私はといえば長い冬におびえながらも、図書館で「野菜の育て方」的な本をめくってはニヤニヤしてみたりする。
もっと暖かい地域での野菜作りについて書いてあるし、我が家での育て方とは全然違うなーなどと思いつつ、春になったら、ムフフ…と妄想が止まらないのである。
 
ウェブ上のメモ帳には育ててみたい野菜リスト(買わずに食べたい野菜リストとも言う)というのを作っていて、今のところ
 
・モロヘイヤ
・オカワカメ
・サツマイモ
・長芋
・里芋
・長ネギ
の6つ。
(ふだんは旭川の「あさがお」なんかで買う)
 
でもネットで調べてみたら、石垣島で食べた「四角豆うりずん)」という鞘ごと食べられる豆を北海道で作ってみた人もいるので、これも加えておこう。ササギみたいに天ぷらで食べるのが大好き。
 
ほっておいても勝手に育っていくたくましい野菜だってたくさんあるし、自然に生えてくる野草だって食べられるものも多い。量産してさばくわけじゃないんだから、楽に作れて栄養価のあるものばかり育てたっていいと思う。
 
でも、労働したら、どうせ食べきれないしちょっとはお金に代えたい。
そしたら今日、手作りバジルペーストを受け取ってくれた人が、「我が家では欠かせなくなっている。なんにでも使ってるよ」と連絡をくれた。
む、これはバジルペーストの商品化か…!と新たな妄想野望が生まれたのでした。
 
IMG_20160714_143610.jpg 
雑草取りの時の写真。ほうれんそうのように柔らかく青々とした雑草、抜いていくと土の中でみんなつながっていておもしろかった。の図。