月の光、雨上がり

 

車に荷物を取りに外に出たら、草木の影が道に落ちていて

見上げれば満月が…

 

ふと思い立って、車のステレオに刺していたUSBからドビュッシーの「月の光」を流した。ずっとこうしてみたいと思っていたことがふいに叶った。

 

冴え冴えとした白い光。

月の光は、何物にも執着しない、さらっとした光だと思う。

熱くも冷たくもない。

厳しくも優しくもなく、すべての人をささやかに照らしてくれる。

 

夜空の半分以上を、ざっくりとしたうろこ雲のような雲が覆っていた。大雨を降らした雨雲が去っていくところなのだ。そのうろこの間から、星々までが垣間見えている。

 

草木の葉の先についた雨粒が、月の明かりに光っている。

湿度が高まって、昼間以上に緑の匂いが濃い。

 

月の光、明るくも暗くもないピアノ、雨の匂い、緑の匂い。

時に鳥の羽音。

 

今日もここは美しい夜だ。

 

同じ月の下にいるあなたへ。おやすみなさい。