お誕生日おめでとう

あなたがお祝いしてくれたから、私もずっと言いたいと思っていたの

お誕生日おめでとう

 

あの寒くも清々しい晴れの雪の日から、もう半年もたつけれど

1日もあなたのことを思い出さない日はないということ

美しいものを見たらあなたにも見せたいと思うこと

夜の仕事帰りの車の中で泣けてくる自分にいい加減嫌気がさして、最近はあんまり泣かないこと

伝えたいことは決して減らずに、増えるばかりです

 

あなたがくれたメロン色の、南部鉄器のお急須は、未だ使えずに、父と暮らす家の食器棚の奥に眠らせています

でもきっと早足で秋がきて、冬が来て、有能なお急須で温かいお茶を入れたいと思う日が来るのかな

あなたが最後の手紙をくれた2月のあの日は、まるで命日のようです

私は、私の最後の希望の命日に、お茶を入れたりするのでしょうか

 

私は冬の生まれだけど、あなたは夏の生まれだから

温かいお茶を入れるのには少しそぐわないので

去年の今頃あなたが遊びに来た頃に漬けた梅酒を

ソーダで割って乾杯しようと思います

あなたがこの世に生まれたことに

私と同じ時代に生まれ、一瞬でも共にあったことに

 

お誕生日おめでとう

あなたにとって、進歩のある充実した1年になりますように

 

f:id:asahanablog:20170816200246j:plain