地球の裏側のともだち

こんなにもあっという間に、あの冬の日からどんどん季節が進んで

だんだん、だんだんと、醜い気持ちが、負の感情がそぎ落とされて

 

気がつけば

 

あなたはいつの間にか私の心の一番奥に入り込んで

殺伐とした場所で唯一のぬくもりみたいになっているよ

 

もんもんと悩むとき、苦しむとき、

心の中のそのぬくもりに問いかけてみる

 

こんなとき、あなたならどうする?

 

私はあなたのことを、ほんとはあまり知らない

だからあなたがなんて答えるかなんてわからないけれど

 

連絡を取り合うことも難しい、もしかしたら一生会えないような、

まるで地球の裏側にいる親友のような、

そんな、会いに行ける場所の中で最も遠いけれど、最も大事な、

そんな存在になっているよ

f:id:asahanablog:20170829223841j:plain