読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドビュッシー『月の光』(ベルガマスク組曲)

 

ドビュッシーの「月の光」の、あのやさしいピアノ。冴え冴えと、ほのかに白い光の粒が降り注ぐような、あのひそやかなピアノ。

私の家には、月も星もあるんだ。美しい山並みも、空も、畑も、小川も、さりげない野の花も。幸福そうに歌う小鳥たちもいるよ。

 

あなたの新しい街にも、あるのかな。


静かな夜に、やわらかな月の明かりを眺めながら、「月の光」をあなたと聴けたら。あなたの好きな、刻々と姿を変える空の様子を眺めながらでもいいよ。それが叶ったら、私は泣いちゃうだろう。幸福すぎて泣いちゃうだろう。想像するだけでも涙が出るんだもの。そんな日は来ないって知ってるから、泣けるのかな。

 

あの、月の光に照らされた、ほの明るい草原を、見下ろすかのような出だしの旋律を聞いてるとね、祈るような気持ちになる。永遠のような歳月を、祈るように待ち続けるよ。

 

私の心の中にあなたがいる いついかなるときも

 

f:id:asahanablog:20170503225758j:plain