【英会話の下書き】Why a lot of American people object to prohibiting property of guns?

f:id:asahanablog:20180813212819j:plain

 

英会話の先生におすすめしたノンフィクション「INTO THE WILD」つながりで、今回はこのようなテーマだった。平和ボケした日本人の私は、このテーマそのものが驚きだった。本当に無知で恥ずかしかったが、ない知識で想像してみる。

 

テーマ:なぜ多くのアメリカ人は銃の所持禁止に反対なのか?

(Why a lot of American people object to prohibiting property of guns?)

 

Honestly, I have no idea of that.

 

I guess that American people feel danger in daily life more than Japanese people.

I think they  have some scary experience.

 

But  I think people who spend a peaceful life like us, actually, can not imagin such a feeling.

 

というかんじでお答えしたのだけど、その後の先生の話によれば、アメリカという広い国土の中でも、カリフォルニアやニューヨーク(City side)より、アラスカやミズーリ(Country side)などの方が、銃規制に反対する声は大きいとのこと。銃で自分や家族の身を守りたくなるような危険を感じる機会は、都市部より農村にあるというのが驚きだった。

 

また、アメリカは、中国やヨーロッパの国々と違い、短い年月で安定した国家を作り上げた。その背景には、さまざまな人種の移民が入り乱れている社会において、銃を規制せずに銃を利用して秩序を保ってきたことが要因としてある、という話もあった。

 

英語で話すには難しいテーマだったけど、英語だからこそ真剣に聞くのかもしれない(笑)。でも大切な部分をニュアンスを取り違えて解釈していた可能性も…否めない(苦笑)

今の基準と過去の基準~洋服編

誰の中にでもある、何かを決めるときの「基準」。

この言葉がここ最近私の中の大切なキーワードになっている。

自分の基準も、誰かにとっての基準も気になるし、一人の人の中の、今の基準と過去の基準も気になる。

 

基準って、時間とともに変わるものだ。

わかりやすい例が、洋服のチョイス。

 

f:id:asahanablog:20180813211508j:plain

 

今年くらいから静かに私の中にも舞い込んできてしまったブーム、それが断捨離。ミニマリズム。持たない暮らし。

 

といっても、そういう価値観、つまり必要以上にものを持たない暮らしに憧れるようになっただけであって、実践できているかといえば程遠いのだけど。

 

断捨離に取りつかれた女性が真っ先に捨てるものといえば、やっぱり衣類。

大学生のころ(実家を出たころ)から自分で働いたお金で頻繁に服を買うようになり、衣類は増えていくばかり。私の中にも「いつか捨てるだろう」モンスターがいて、学生のころに買って、何年も着ていないにもかかわらず捨てずに持っていた服がたくさんあったけれど、今年は鬼のように捨てている。

合計2~3袋になった45リットルのごみ袋の中の服たちを見て、どうせ捨てるのに何でこんなに買ってしまったんだろうと後悔する。

 

特に学生のころは自分に似合うものと好きなものの違いが分かっておらず、似合うか、着る機会があるかは別として、好きだから、ひとめぼれしたから、安いから…そんな理由で安価な服を頻繁に買っていた。

 

あの頃の基準は何だったんだろう…自分と衣服の関係が、まだはっきりとわかっていなかった。「好き!」「安い!」「かわいい!」で飛びついていた。

 

年がたっていろんな失敗や後悔を経て、自分にどんなものが似合うのか、どんなものを頻繁に着ているのか、そして「少女」ではなくなっていった自分がこの先どんなものを着ていくのか…そういうことが少しずつ分かってきた。

 

今年になって、断捨離やミニマリストというものに惹かれているくせに、この夏けっこう服を買ってしまったのは、新しい「今」の基準をはっきりと認識できていて、なおかつこれから始まる「西方での新しい暮らし」を意識しているからだろう。

 

20代後半になった今の私の衣服選びの基準は、

・素材が「綿」「麻」(冬物なら「ウール」「アルパカ」など)

・丈夫そう(伸び縮みしにくそう)

・落ち着いたデザイン(柄よりシルエット重視)

 

学生時代などは、透け感や光沢があったり、見た目きれいだけれど、すぐヨレヨレになるし静電気も起きるし、綿や麻よりも暑く感じる「ポリエステル」や「アクリル」などの合成繊維のものばかり買っていた。意図していたわけではないけれど、安さやぱっと見目の良さ(多分その時は見る目がなくて)を重視して買うと合繊繊維だらけになっていた。

 

合成繊維のヒラヒラサラサラした服は、一見涼しそうだけれど綿や麻より暑く感じるんだよ、と教えてくれた母の言葉は今でも忘れられない。

 

かつての自分の洋服チョイスの基準は頼りないものだったけれど、今の自分の基準は割と信頼している。

 

この夏が終わったら、過去の基準で選ばれた服を処分して、今の基準で選んだ服だけにしたい…と思っている。

【英会話の下書き】The most impressive book

f:id:asahanablog:20180807213731j:plain

 

これは個人的にうれしいテーマだった。何を紹介するか迷ったけど、これにしたのだった。

f:id:asahanablog:20180807213907j:plain

 

テーマ:最も印象的だった本

(The most impressive book)

 

My most impressive book is "INTO THE WILD".

I knew the book from the live-action film of "INTO THE WILD".

The author of this book , John Krakauer coverd the boy named Chirs Maccandless.

He was from a rich family, but he wanted to break out of such a life.

 

Chris had an adventure on north America in 1990.

And 4 months after he went into wilderness of Alaska in 1992,

he died of hunger in an abondoned bus.

 

I was attracted to his way of life.

He was very sturdy because he lived on his own, and he was very honest with his heart.

He lived like what he want to.

I respect him.

 

英会話の時にこの「荒野へ」を持参すると、先生は持ち帰って読んでくれた。

先生は昔商社で貿易の仕事についていて、アラスカにも行ったことがあるとのことだったが、なんと、クリスが荒野を旅して、そして亡くなった時期にちょうど当たっていたという。そんな事件があったとは知らなかったが、なんとも奇遇な話で私も先生もびっくり!先生もクリス同様(ちがった、ヘラジカの肉は傷んでしまってクリスは食べれなかったのだった)、ヘラジカを食べたのだそう。

次回はDVDとサントラを持って行って無理やり差し上げようと思う(笑)

 

さて、今週の英会話のテーマはちょっと難しい。

じっくり考えねば…

【英会話の下書き】What I wanna become when I was a child.

f:id:asahanablog:20180807212105j:plain

 

2週分アップしていませんでした、英会話の下書き(英会話リタイアしてませんよ!)

この時はかなり抽象的な話になって、英語に変換するのもとても難しかったです。

以下の英文は、先生に直される前のものです

テーマ:子どものころなりたかったもの

(What I wanna become when I was a child)

 

I remember that when kindergarten teacher asked me "What do you want to become in the future?"

I answered "I want to become a kindergarten teacher like you."

But actually, I didn't have nothing to want to become in the future.

I just said so because I was asked.

And now, that is not changed.

 

My father used to say "Why should we become something? I am just I."

He hated the way of thinking that we should become something.

 

I like working as a farmer,

I like writing blogs,

I like taking pictures,

I like traveling alone,

 

But I have no idea what I truly want to do.

あなたとの共有アルバムに

最近あまり手紙を書けていないね。

私はどうやら同じ景色に飽きてしまうみたいで、何度も同じ場所の写真は撮りたがらないみたい。

それでもいつかあなたと見たい景色はたまっていく。

 

そろそろあのうろこ雲が空を彩る季節になるよ

秋を予感させるあの高い空を見ると、どうしようもなく立ちすくむ。

またひとつ区切りが来て、あなたは先に大人になる。

私もきっともうすぐ出発するよ。

夏が終わり、短い秋が過ぎれば…

 

西へ。

 

 

 

共有アルバムに、今日もスクラップしてみた。

f:id:asahanablog:20180807210903j:plain

f:id:asahanablog:20180807211022j:plain

f:id:asahanablog:20180807211038j:plain

ピースボート説明会で感じた船旅のメリット(説明会in旭川)

今年に入って、北海道の外に出ていくこと、海外に行くことに気持ちが向いていますが、今日は世界一周クルーズで有名な「ピースボート」の説明会に参加してきました!

f:id:asahanablog:20180716230323j:plain

 

ピースボートの約100日間の世界一周クルーズは、4人相部屋でも120万円代からで、説明会に申し込みつつも、金銭的に厳しいだろうなと思っていました。とりあえず聞くだけ聞いてみようという気持ちで参加しました。

 

結果、乗船は無理だろうと思っていたにもかかわらず、丁寧で巧みな(笑)スタッフの方の説明で、やっぱりいつか乗船したいなという気持ちを強くしてしまいました(パンフを配るタイミング、説明の順番、説明会参加者とのコミュニケーションのとりかた…考えつくされていて、すっかり乗せられました笑)。

 

比較的年齢層は高め

会場に入ってまず驚いたのは、若者より50代~の方が多いことでした。たぶんパンフレットや「世界一周」という言葉のイメージから、圧倒的に若者が多いと思い込んでいたのです。

けれど、時間的・金銭的に余裕があるという意味でも、日本の人口比的にも、ピースボート乗船者は60代以上の方が、50代以下の方よりも多いという統計でした。

年齢層は高めというより、半分以上が60代以上で、残りは20代が多い、という両極端な構成比かもしれません。

 

船で世界一周するメリット

乗ってみたいけれど、きっと乗らないだろうなと思っていた理由が他にあって、それは「自分ですべての手続きをして、自分の足で、言葉で、苦労して回らないと世界一周の意味がない」ような気がしていたからでした。クルーズ船の旅は、船の中では毎食が用意され、手厚くもてなしてくれるスタッフがいて、同乗するメンバーは日本人ばかりで、至れりつくせりすぎるのではないかと。

 

けれど、クルーズ船での旅は、バックパッカー的な旅行とは、全く別物ととらえた方がよさそうでした。自分ですべてを手配する世界一周も、クルーズ船の旅も、それぞれのだいご味や意義があると。

 1時間ちょっとの説明会の中で感じたピースビートの魅力を紹介しますね。

 

メリット① 荷物がラク、時差がラク、手続きがラク

言い換えれば経験ができないということにはなりますが、恒例の方が多いクルーズでもありますし、ニーズは強いのだと思いました。特に飛行機よりゆっくり進む船旅は、3~4日に1時間の時差がある程度、という点は確かに身体的な負担が少ないのだろうと思いました。

 

メリット② 個人の旅ではまず入れないエリアに入れるらしい

ピースボートはそもそも国際交流を目的として設立されたNGO(非政府組織)の名前で、クルーズ中に寄港地でいくつかのボランティア活動や交流活動も行っています。スタッフの方の話では、ツアーなどでもガードマンにがっちり守られてやっと通行できるような地区で活動できるのがピースボートのいいところだということでした。

確かにバックパッカー旅行をしたくても、治安の問題から避けた方がいいところはたくさんあります。特に女性ならなおさら。そういうエリアで、何か少しでも国際交流や国際平和に貢献できる活動を経験できるのは貴重なことだと思いました。

 

メリット③ 寄港地での観光は、「ツアー」か「自由行動」か選べる

寄港地では「オプショナルツアー」なるものと「自由行動」のどちらかを選べるとのことでした。オプショナルツアーは乗船費に含まれない別料金がかかるものの、「観光」「交流」「見聞・検証」という3つのテーマにそったツアーがそれぞれ行われます(寄港地に大型バスが迎えに来ている様子はまさに「至れり尽くせり」!VIPにでもなった気分になれそう)。もちろん自由に歩き回りたい人は、時間までに戻ればOKの自由行動がとれます。

 

メリット④ 船の上でありながら学びも遊びもし放題!企画もできる!

説明会で配られた「船内新聞」なるものが個人的にもっともピースボートへの興味をそそられるものとなりました。

その「船内新聞」は毎日配られるらしく、翌日に船内でどんな催しや講座が開かれるか、そしてコラムなども掲載されていました。

その内容の豊かなこと!

運動系だと「フォークダンス」「ヨガ」「ノルディック・ウォーキング」「ラジオ体操」「社交ダンス」「太極拳」「卓球」

言語の教室も英語のほか、おそらく近日中に寄港する街の言語の教室があったり、世界遺産や異文化、環境問題について学ぶ講座があったり。

趣味や習い事だと「詩吟」「川柳」「落語」「カメラ教室」「俳句」「オカリナ」「合唱」「水彩画」「書道」「ゴスペル」「手話」「手芸」「マジック」「貼り絵」「パソコン教室」などなど…もう書ききれないほどです。

スタッフではなくてクルーズ乗船者が企画して何らかの催しを開くこともできるようです。例えば「北海道民飲み会」とか「29歳集まって乾杯」とか「次にやりたい仕事って?」(互いの前職の話をしてクルーズ終了後の就職について語り合うのかな?)など…

他にも、各界の著名人(水先案内人と呼ばれていたかな?)が一時的に乗船して講演会が開かれることもあるようで、池上彰さんや鎌田慧さんが講演している様子がスライドでありました。

また配られた「船内新聞」にはたまたま「洋上夏祭り」なんてイベントも載っていました。

もう読んでいるだけでワクワクしました。まるで大学の選択授業がすべて遊びになったようなかんじ!大人の学校!こんな習い事や催しが毎日あるなんて、100日の旅もあっという間に過ぎていきそうです。

 

⑤船からしか見えない景色

自分で旅程を決める旅は、飛行機か、EU圏なら電車など?の移動になりますよね。

ピースボートはどこに行くにも船ですが、甲板で海風や港の雰囲気を感じながら入国できる…これは個人旅とは全く別の感動がありそうです。説明会では動画でスエズ運河パナマ運河を抜けるときの様子を見せてもらいましたが、そんな体験もなかなかできるものではありません(特に船がアップダウンする閘門式のパナマ運河!)

 

⑥ボランティア活動で乗船費用が割引される

「地球一周」と書かれたピースボートのポスターをよく街中で見かけますが、このポスター貼り活動をすると費用が割引されるシステムがあります。100万円超えは若者にとってはポイッと出せる金額ではありませんが、仕事の合間を縫ってボランティア活動すれば少しでも安く乗船できるという選択肢を作ってくれているのは本当にありがたいですよね。ピースボートの信念を感じます。

 

ひとり旅はひとり旅。大人数で船旅もいいよね!

説明会に参加しても、豪華(かどうかは知らないけれど)なクルーズ船と「世界一周」というワードのまばゆさ、参加費用の高さに撃沈して帰ってくることになると思っていたけれど、大きな船の上から、7つの海からたくさんの大陸、国を眺められる、その特別な体験のあまりの魅力にすっかり心をつかまれてしまったのでした。

とりあえずボランティア登録はしました。はい。一番近くても東京で行われる研修に参加しないとはじめられないらしいけど…日本のどこかで参加しよう。うん。

 

※ここに書いたことは正確ではない可能性があるので正しい情報は問い合わせてくださいね☆

【英会話の下書き】My Stress Reliever

この木曜日に英会話があったのに【英会話の下書き】をアップするのを忘れてました。

あくまで下書き。先生との英会話の前に考えた文章をアップします。

 

f:id:asahanablog:20180714213433j:plain

 

テーマ:私のストレス解消法

(My Stress Reliever)

 

My stress reliever is driving for long time.

I think about various thing, and watching landscape full of nature during driving.

Then my heart is calm down.

In the first place, I like driving.

 

 

今回は短かったな。実際の先生との英会話では、先生が運転中にシカの群れに目の前を横切られて冷や汗が出た話から、私が夜遭遇したタヌキやシカの話になったり、どういうときにストレスを感じるかという話になったり、働き方や好きな映画の話にまで及びました。

毎回、言いたいことをうまく英語に変換できずに何度も頭を抱えては先生に助けてもらうのだけれど、先生に「一生懸命色々な話を伝えようとしていてすごい」「引き出しをたくさんもっていて、話していて楽しい」と言っていただけてとても嬉しかった。怖がらずにどんどん英語で話していきたいと思う。

 

次のお題は「小さいころ、大人になったら何になりたかったか?」英語にすると「What I wanted to become when I was a child.」かな?

これは難しい質問だ…