田んぼとクラシック

 

恩田陸の「蜜蜂と遠雷」、それから赤石路代の「あるとのあ」を読み直してから、クラシックのピアノの曲をいろいろ聴いているのだけど

 

うちの畑、ことに田んぼは、なんてピアノが合うんでしょう

 

除草剤を使わないうちの田んぼでは、手押しの除草機と素手でひたすら雑草をとる。

今年田んぼとして新しく使い始めたところは、森のすぐ手前なので夕方になると部分的に木の陰になるけれど、木漏れ日を受けた田んぼがまたとても美しい。

ショパンバラード2番とか、ドビュッシの月の光を聞きながら除草機を押す時間は、かなり好きだ。

 

f:id:asahanablog:20170607212513j:plain

 

f:id:asahanablog:20170607212520j:plain