価値ある生き物になる方法

今日は秋晴れの空の下の畑で、風が心地よくて「気持ちいいー」とつぶやいた。

枯れた草の乾いた匂い。どこか、なつかしい。

秋の畑は、死の気配に満ちている。

いたるところで生命が力尽き、大地に身を転がす。ただひと夏、生命を謳歌した者たちの、最期の仕事だ。

 

風に、森に、空に、鳥たちに、草の上で力尽きて干からびた虫の死骸や、カラカラに乾いて倒れた大豆の枝や、熟れてつぶれた真っ赤なトマトに、言われている気がした。

 

 

おまえが苦しもうが、嘆こうが、死にたいと思おうが、幸福になろうがなるまいが、知ったこっちゃない。

 

ただ生物として生きて死ねばよい。

 

生きているときはただ生き、死ぬときはただ死ねばよい。

 

そして最後に次の命の糧になればよい。

 

それが生物のなすべきただひとつのことだよ

 

f:id:asahanablog:20170927211621j:plain